>

起業したばかりの人におすすめ

創業補助金の存在を知る

起業したいけれど資金が足りなくて困っている、何とか企業はできたけれど経営を続ける資金を確保するのが難しい人は補助金を使ってください。
特に、創業補助金がおすすめです。
ここまで補助金がおすすめされるのは、返済しなくても良い面が挙げられるでしょう。
資金調達には、金融機関から融資を受ける方法もあります。
しかし返済しなければいけませんし、そもそも初めて起業するや、起業したばかりの人は審査を通過できない可能性が高いです。
確実に資金を確保するなら、創業補助金を活用しましょう。

しかし創業補助金はいつでも受け付けているわけではないので、申し込み期間をチェックしてください。
毎年春頃になると、申し込みの受け付けが始まります。
その年によっていつから始まり、いつ終わるのか変わると覚えておきましょう。

申し込める人の条件

対象になるのは、創業補助金の募集を始めて、それ以降に新しく会社を創設する人です。
もっと詳しく説明すると、産業競争力強化法という法律があり、その法律に基づいた認定市区町村で起業した人、または起業する予定の人、さらに従業員を1人以上採用する予定の会社です。
そのため起業するつもりでも、自分しか従業員がいない場合は申請できないので気を付けてください。

そして創業補助金を受け取るためには、補助事業期間が終わるまでに会社の設立を済ませなければいけません。
創業補助金をもらいたい人は、どこが認定市区町村になっているのか調べておきましょう。
ほとんどの主要都市が認定市区町村になっているので、探すのは難しくないと思います。


この記事をシェアする