>

使用できる場合が決まっている

条件を全て満たしている人

3つの条件を満たすことで、経費を補助金で補うことができます。
まず1つ目は、補助金を使う目的は事業を行うために必要だと、明確に特定できる経費になります。
2つ目は交付が決まってからそれ以降に、補助事業期間内に仕事を契約したり発注したりした時に発生した経費です。
そして3つ目は書類などにより、その時に発生した金額と支払いを確認できる経費となっています。

どれか1つでも該当しない場合は、創業補助金の対象から外れてしまいます。
例えば店舗を借りる際の賃料や設備費、人件費や広告費は補助の対象として認められています。
しかし消耗品費や水道、光熱費、通信費などは対象になりません。
ここを、混同しないように覚えておきましょう。

金額が決まっている

様々な種類の補助金がありますが、対象内の経費でも全額を支給してもらえることは少ないです。
創業補助金でも同様で、支給される金額は認められる全ての経費の2分の1以内と決まっています。
知り合いから資金を借りたり、金融機関から融資を受けたりしていない人は外部資金調達がないと判断され、50万円以上100万円以内の補助金を受け取れます。
外部資金調達がある人は、50万円以上200万円以内と補助金の範囲が異なると忘れないでください。

ちなみに創業補助金の最も低い限度額は50万円以上ですが、事業計画をする時に、受け取る補助金の額を書いた書類を提出しなければいけません。
そのため、自分がもらえる金額を早く把握する必要があります。


この記事をシェアする